ジェイクのぼやき

子持ちジェイクのひとりごと

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< エジプト旅行 | TOP | エジプトのトイレ >>

2012.11.01 Thursday

エジプトの建物


エジプトに着いて最初に気になったのは、家。そのすべてが建築途中なのだ。最初は計画建設中の町なのかと思ったが、どこまで行ってもどの家も建築途中なのだ。最初はこの意味が分からなかった。こちらの家はすべて石造りで、大きな家は鉄筋コンクリートで柱を作り、壁は煉瓦で組み上げるといういたってシンプルな工法だ。どんな高いビルでも作り方に変わりはない。田舎部では柱だけは専門家に依頼して、どうやら自分たちで家を作る人も多いようだ。平屋建ての家はさらにシンプルであり、石を積み上げた壁しかない。驚いたことにちゃんとした屋根がないのだ。屋根はその壁の上に柱を渡して、そこに葉っぱを敷いただけ。そんな家が本当に多い。我々の常識では考えられない。大きな地震もなく、温暖で雨も降らないこの地域ならではの事だと思うが、そんな家にもパラボラアンテナが立っていたりして、なんとも彼らの生活状況が掴めない。エジプトの面積のほとんどは砂漠であり、人が住むのはナイル川流域のみだ。しかしそのナイル川が比類なき肥沃さをもたらしている。そのため、乾燥地域でありながら、彼らは水には困っていないようだ。そして家族が増えると、建て増しをする。そのためにすべての家が建築途中なのだ。例えば1階建の家は完成した1階部分とコンクリートの天井があり、2階部分の柱が立っている。柱の上には更に増築する時のために細い鉄骨が何本か上に伸びたままになっている。2階建ての家は完成した2階の上にまた同じようになっている。それがエジプトの基本的な家の姿だ。雨は降らない。地震は来ない。寒くない。まずそこら辺から考え方をリセットしないとこの事はわかんないんだろうな。でもわかる必要もないと思ってしまうほど、日本とは違う。
しばらくブログを書いていなかったため、このための写真をほとんど撮っていない。うまく本文にはまるような、あまりいい写真がない。申し訳ない。

17:24 | - | comments(1) | - | - | - |

コメント

ClawfishのHPチェックついでにのぞいてみました。
エジプトに行ってらしたんですね。私もはるか昔2週間ほど放浪していたことがあります。建築途中の家々はそのころから変わっていないと思います。たぶん雨がたいして降らないから、屋根なんか適当でいいんだと思います。私も最初見たときずいぶん建築途中の(建築ラッシュの=いいこっちゃ)建物が多いんだな〜、と勘違いしてしまいましたよ。
2013/05/02 12:35 PM by Eiko (nature airliner)

コメントする









▲top